So-net無料ブログ作成
検索選択

2016全日程終了 [検索ワード]

20161006_fan_fun_hawks.JPG
 
★検索ワードランキング★
 
9月30日から10月5日までの6日間、ブログをお休みしました。
今年8月~9月に8日間お休みして以来の長いお休みでした。
(2016年8月29日から9月5日までの8日間)
先月9月は「ブログ」が2ヶ月ぶりに首位になりました。
2010年4月に初めて首位になって以来、8回目のトップ。
なお、検索ワードの合計数は3ヶ月連続で減少しました。
 
 ■ 2016年9月 ■ 合計: 90
  1位 ブログ (5)
  2位 ランクアップ (4)
  3位 おみくじ (3)
  4位 ホークス (3)
  5位 2014 (3)
 
 □ 2016年8月 □ 合計: 112
  1位 おみくじ (6)
  2位 20番 (6)
  3位 大吉 (6)
  4位 ヤフオクドーム (4)
  5位 ブログ (4)
 
ところで、9月13日にクラブホークス会報誌が届きました。
表紙はファンの方たちと一緒の和田投手と森福投手でした。
会報誌の電子ブック版の方は9月5日に公開されていました。
(電子ブック版はファンクラブ会員限定サイトでの公開)
また、2017年度クラブホークス案内が同封されていました。
9月10日から入会受付が開始されるとのことで早いですね。
 
 Fan!×Fun! HAWKS
 2016シーズン終盤号
 
そして、10月5日にレギュラーシーズンの全日程が終了。
ホークスは10月2日が最終戦で、83勝54敗6分という成績。
最終戦の楽天戦では、松坂投手が4番手に登板しました。
1軍の公式戦マウンドは西武時代の2006年10月7日以来。
な~んと3648日ぶりでしたが、1回5失点と大乱調でした。
 
 勝率第1位(.750) 和田投手(1回目)※13勝以上が対象
 最多勝利(15) 和田投手(2回目)
 最多セーブ(43) サファテ投手(2回目)
 最高出塁率(.446) 柳田選手(2回目)
 
個人タイトルは和田投手、サファテ投手、柳田選手が獲得。
和田投手は2010年以来の最多勝利となり、2冠に輝きました。
サファテ投手は自身の記録を更新するリーグ新で2年連続。
最高出塁率は柳田選手が2年連続での受賞となりました~♪
 
1989年 4位 ダイエー(杉浦監督) 59勝64敗7分
1990年 6位 ダイエー(田淵監督) 41勝85敗4分
1991年 5位 ダイエー(田淵監督) 53勝73敗4分
1992年 4位 ダイエー(田淵監督) 57勝72敗1分
1993年 6位 ダイエー(根本監督) 45勝80敗5分
1994年 4位 ダイエー(根本監督) 69勝60敗1分
1995年 5位 ダイエー(王監督) 54勝72敗4分
1996年 6位 ダイエー(王監督) 54勝74敗2分
1997年 4位 ダイエー(王監督) 63勝71敗1分(同率4位)
1998年 3位 ダイエー(王監督) 67勝67敗1分(同率3位)
1999年 1位 ダイエー(王監督) 78勝54敗3分(日本一)
2000年 1位 ダイエー(王監督) 73勝60敗2分
2001年 2位 ダイエー(王監督) 76勝63敗1分
2002年 2位 ダイエー(王監督) 73勝65敗2分(同率2位)
2003年 1位 ダイエー(王監督) 82勝55敗3分(日本一)
2004年 2位 ダイエー(王監督) 77勝52敗4分(シーズン1位)
2005年 2位 ソフトバンク(王監督) 89勝45敗2分(シーズン1位)
2006年 3位 ソフトバンク(王監督) 75勝56敗5分
2007年 3位 ソフトバンク(王監督) 73勝66敗5分
2008年 6位 ソフトバンク(王監督) 64勝77敗3分
2009年 3位 ソフトバンク(秋山監督) 74勝65敗5分
2010年 1位 ソフトバンク(秋山監督) 76勝63敗5分
2011年 1位 ソフトバンク(秋山監督) 88勝46敗10分(日本一)
2012年 3位 ソフトバンク(秋山監督) 67勝65敗12分
2013年 4位 ソフトバンク(秋山監督) 73勝69敗2分
2014年 1位 ソフトバンク(秋山監督) 78勝60敗6分(日本一)
2015年 1位 ソフトバンク(工藤監督) 90勝49敗4分(日本一)
2016年 2位 ソフトバンク(工藤監督) 83勝54敗6分(日本一?)